2022年5月
 
 
△C大阪1−1鳥栖(佐賀:駅前不動産スタジアム) 後半に入り次々と外国人選手を投入したセレッソがPKで先制し逃げ切りを図ったが、昨季までのチームメイトである藤田に豪快なミドルシュートを決められ引き分け。
 
 
○C大阪2−1磐田(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 前節に続き中盤で先発した毎熊がJ1初ゴールから立て続けに得点を決めて主導権を握るが、守勢に回った後半は為田の退場やキムジンヒョンの負傷交代などでピンチの連続となったが何とか逃げ切り、ようやくリーグ戦でのホーム初白星を挙げた。
 
 
 
10  
11  
12  
13  
14 ×C大阪0−1名古屋(愛知:豊田スタジアム) 開始早々に失点を喫すると、前半は個での戦いにことごとく後手を踏み無駄に過ごしてしまう。タガートと北野を投入した後半は攻撃の形が見え始めるが、堅守を誇る相手のゴールは遠く、連勝はならず。
15  
16  
17  
18 △C大阪3−3大分(大分:昭和電工ドーム大分) 既にグループリーグ突破は決めていたこともあり大幅にメンバーを変更して臨んだ一戦は大味な展開でドローとなったものの、個々のアピールや石渡ネルソンのトップチームデビューなど明るい話題も。
19  
20  
21  
22  
23  
24  
25  
26  
27  
28  
29  
30  
31  
2022年4月
 
○C大阪4−1川崎(神奈川:等々力陸上競技場) ホームでは25戦負けのない王者相手に圧巻のゴールラッシュで完勝。復帰したヨニッチはフル出場、パトリッキも途中出場で得点に関わるなど新たなチーム内競争も活発になりそう。
大久保嘉人氏がセレッソ大阪アカデミー技術委員に就任
 
×C大阪0−1柏(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 好調なカップ戦や王者撃破の勢いで、リーグ戦でのホーム初勝利を目指したが、柏の堅固な守備陣を崩せずに敗れた。
中島元彦がベガルタ仙台へ育成型期限付き移籍
 
 
 
10 ○C大阪1−0神戸(兵庫:ノエビアスタジアム神戸) 前半に山中のアーリークロスに加藤が詰めて先制すると、後半は相手の戦術に対応した戦い方に移行。ポストに救われるラッキーもあったが、かつての師に成長を見せることができた。
11  
12  
13 ×C大阪1−3鹿島(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 勝てばグループステージ突破が決まる一戦だったがスコア以上の完敗。しかし、北野のプロ2点目やタガートの実戦復帰など明るい話題もあった。
14 山中亮輔が2・3月度の月間ベストアシストを受賞
15  
16  
17 △C大阪0−0福岡(福岡:ベスト電器スタジアム) 今季は得意としているアウェーでリーグ戦の連勝を狙ったが、両チームとも後半になりプレーの粗さが目立ちだしスコアレスドローに終わった。
18  
19  
20  
21  
22  
23 △C大阪0−0G大阪(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 引き分け以上でグループ突破が決まる大阪ダービーは両チームとも積極的に得点を狙いに行ったが、56度目で初めてとなるスコアレス決着となった。
24  
25  
26  
27  
28  
29 ×C大阪0−3鹿島(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 悪天候で水の浮いたピッチに大苦戦。先日のカップ戦に続き、鹿島にホームで完敗を喫し、J1外国籍選手最多出場記録に並んだキムジンヒョンの節目を祝うことができなかった。
30  
2022年3月
 
○C大阪1−0鹿島(茨城:県立カシマサッカースタジアム) プロ契約を締結したばかりの北野がJ1公式戦としてはクラブ最年少ゴールを記録してカップ戦は連勝スタート。
 
 
 
×C大阪0−1FC東京(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 退場者が出て数的有利になった後半は試合を支配するも、好守備に阻まれて今季初黒星。
 
 
 
10  
11 セレッソ大阪U−18所属の川合陽をJリーグ選手登録(2種)
12 ○C大阪3−1清水(静岡:IAIスタジアム日本平) リーグ戦では今季初スタメンの山中が攻撃の起点となり、アウェーの清水戦は18年ぶりとなる勝利。
13  
14  
15  
16  
17  
18  
19 △C大阪2−2札幌(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 相手のミスを突いて2度のリードを奪うも守り切れず、またしてもホームでの白星を逃した。
20  
21  
22  
23  
24  
25  
26 ○C大阪6−1大分(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 1点ビハインドで折り返した後半に6選手が1点ずつ決める華麗な逆転劇でカップ戦は3連勝。
阪田澪哉が2023シーズン加入内定
27  
28  
29 澤上竜二がガイナーレ鳥取へ期限付き移籍
30  
31  
2022年2月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10  
11  
12  
13  
14  
15  
16 2022シーズンのキャプテンが清武弘嗣、副キャプテンが乾貴士、山下達也、西尾隆矢に決定
17 大迫塁が2023シーズン加入内定
マテイ ヨニッチが加入
18 セレッソ大阪U−18所属の石渡ネルソン、北野颯太、春名竜聖をJリーグ選手登録(2種)
19 △C大阪2−2横浜FM(神奈川:日産スタジアム) 相手の両幅を使った攻撃と個の力に手を焼きつつも、コーナーキックからのヘディング2発で何とか追い付いた。
20  
21  
22  
23 ○C大阪3−2G大阪(大阪:パナソニックスタジアム吹田) 直近のリーグ戦からスタメン10人を入れ替えるターンオーバーとなったが、為田、上門、中原がいずれもセレッソ移籍後の公式戦初ゴールを記録して大阪ダービーを制した。
24  
25 セレッソ大阪U−18所属の北野颯太とプロ契約を締結
26 △C大阪1−1京都(大阪:ヨドコウ桜スタジアム) 今季から背番号8を背負う乾のゴールで同点に追い付くと、ATには北野が抜け出すものの相手GKのファインセーブで勝ち越しはできずドロー決着。
27  
28  
2022年1月
 
 
 
 
坂元達裕がKVオーステンデへ期限付き移籍
茂木秀が水戸ホーリーホックへ期限付き移籍
田平起也がいわてグルージャ盛岡へ完全移籍
松田力が契約満了
藤尾翔太が徳島ヴォルティスへ育成型期限付き移籍
新井直人が徳島ヴォルティスへ期限付き移籍
鈴木徳真が徳島ヴォルティスから完全移籍
ブルーノ メンデスがデポルティーボ マルドナドから期限付き移籍
ジェアン パトリッキがCDサンタクララから完全移籍
 
10  
11  
12 新井晴樹がFCティアモ枚方から期限付き移籍延長
舩木翔がSC相模原から育成型期限付き移籍満了で復帰
山下達也が柏レイソルから完全移籍
真木晃平がSC相模原から完全移籍
13  
14  
15 瀬古歩夢が日本代表候補トレーニングキャンプを辞退
16  
17 吉馴空矢がFC大阪へ育成型期限付き移籍
18 瀬古歩夢がグラスホッパー クラブ チューリッヒへ完全移籍
19  
20  
21  
22  
23  
24  
25  
26  
27  
28  
29  
30  
31